診療のご案内

歯科
主に虫歯・歯周病・義歯(入れ歯)などの治療を行います。一部の補綴(連続欠損が3歯以上のブリッジなど)以外は、ほとんどすべての治療が、健康保険内でできます。

虫歯の治療

小さな虫歯
虫歯が小さく神経まで進行していない場合は、虫歯になった部分を削って、主に白い詰め物や金属の詰め物をします。

大きな虫歯
虫歯が大きく神経まで進行している場合は、感染した神経をとってその中に詰め物をして、主に金属の土台を立てて、白いかぶせ物や金属のかぶせ物をします。いわゆるさし歯です。

歯周病の治療
歯の周りを支えている歯肉や歯槽骨の病気が歯周病です。歯周病は虫歯と違いほとんど痛みがなく、気づかないうちに進行します。最大の原因は、プラーク(歯垢)と歯石(歯垢が石灰化したもの)です。細菌の集団であるプラーク(歯垢)が出すさまざまな毒素によって、歯肉に炎症が起こり、歯槽骨が溶かされます。歯周病は自然に治ることはありません。ほっておくとどんどん症状が進行します。しだいに歯が動きだし最後には歯が抜けてしまいます。
プラーク(歯垢)はブラッシング(歯磨き)で取り除くことはできますが、歯石はブラッシング(歯磨き)では取り除くことはできません。

ポケットが浅い場合
歯周検査の後、超音波スケーラーなどで、スケーリング(歯石除去)を行います。

ポケットが深い場合
スケーリング(歯石除去)の後、病的なセメント質を除去し、為害性のない滑沢な根面にし、炎症性結合組織(肉芽組織)を掻爬し、炎症を改善しポケットを浅くします。

定期検診
1度歯石を取ってもブラッシング(歯磨き)の仕方が悪くてプラーク(歯垢)が残っていると、すぐに歯石が付いてしまいます。3ヶ月~6ヶ月に1回は、定期的に検診を受けて、歯石を取ることが重要です。

義歯(入れ歯)の治療
歯が3本以上連続してなかったり(犬歯を除いた前歯は連続4本までブリッジ可)、一番奥の歯が2本以上連続してなかったり、支台歯(かぶせる歯)が少ないときなどは、健康保険では義歯(入れ歯)になります。

新しい義歯(入れ歯)を作るとき
1回目は、口の中の型を取ります。
2回目は、入れ歯の高さや咬み合わせを記録します。
3回目は、入れ歯の高さや咬み合わせ、歯の大きさ・形・色が合っているか見ます。
4回目は、完成した入れ歯を入れて調整します。
5回目からは、入れ歯が当たって痛いところなどを調整します。痛いところがなくなるまで何度も調整します。
※入れ歯が痛いときや合わないときは、入れ歯を調整しますので、いつでもお気軽にご相談ください。

歯科口腔外科
主に炎症・外傷・腫瘍・のう胞・粘膜疾患・顎関節症・インプラントなどの治療を行います。インプラント治療以外は、ほとんどすべての治療が、健康保険内でできます。

親知らずの治療
親知らずの治療は抜歯が適用となります。しかし埋まった状態の親知らずの抜歯はなかなか大変で、特に下顎の親知らずは顎の骨の中にある知覚神経(痛覚などをつかさどる神経)や太い血管に近接しており、抜歯した後に知覚麻痺や抜歯した部位からの出血の原因になることがあります。歯科医師とよく相談をしてから治療を受けることをおすすめします。もちろん正常に萌出してきちんと咬んでいるものや、今後正常に萠出する可能性があるものは、抜歯をする必要はありません。

顎関節症の治療
顎関節症とは、顎関節の痛みおよび顎を動かす筋(咀嚼筋)の痛み、口を開け閉めするときの関節音、口が開けずらい・閉じづらいなどの顎の運動異常などの症状を総括して言います。
治療は保存的療法と手術を行う外科的療法があります。保存的療法には、消炎鎮痛剤・筋弛緩剤などを投薬する薬物療法、マウスピースを使用したスプリント療法、咬合調整・補綴的治療などを行う咬合療法などがあります。治療はほとんどが保存的治療でそれらを組み合わせて行います。

インプラントの治療
顎の骨に埋めたチタン製の人工歯根(インプラント)と人工の歯によって、失った歯を補う治療です。健康保険では治療できません。

小児歯科
主に子供の虫歯・歯周病・歯並びなどの治療を行います。歯並びの治療(矯正治療)以外は、ほとんどすべての治療が、健康保険内でできます。

虫歯の治療
乳歯は、6ヶ月ごろから生えてきて、3歳で乳歯の咬み合わせは完成します。永久歯(大人の歯)は、6歳ころから生え始め、特に重要な時期を迎えます。将来の咬み合わせなどに強く影響します。子供の虫歯は進行が早いため、早期に治しましょう。早ければ、痛みも少なく治療も簡単で早く治ります。
小さい時から、3ヶ月~6ヶ月に1回は定期検診を受け、虫歯の治療やフッ素塗布など行い、歯医者さん嫌いを無くしましょう。
※歯科衛生士によるブラッシング(歯磨き)指導も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯並びの治療(矯正治療)
当院は、さっぽろ矯正歯科クリニック(豊平区中の島1条3丁目)の院長である桜田明宏先生(矯正歯科専門医)に矯正歯科の治療を依頼しています。

予防歯科
主に歯のクリーニング(PMTC)・ブラッシング(歯磨き)指導・フッ素塗布など、虫歯や歯周病にならないための予防を行います。ほとんどすべての治療が、健康保険内でできます。

歯のクリーニング(PMTC)
歯科衛生士がフッ化物入りの研磨ペーストとラバーカップやラバーチップを使って歯面とその周囲のプラーク(歯垢)を取り除く治療です。ツルツルに磨かれた歯面は、プラーク(歯垢)がつきにくくなり、虫歯・歯周病の予防に効果があります。

ブラッシング(歯磨き)指導
患者さまのお口の中は人それぞれ違います。歯の磨き方も違えば磨く時間も異なります。当クリニックでは、患者さまが自宅でしっかりとホームケア(プラークコントロール)を行えるように、歯科衛生士が正しいブラッシング(歯磨き)の方法を指導いたします。ブラッシング(歯磨き)指導では染め出しによる歯磨きチェックや、歯間ブラシ・糸ようじなどの補助器具の効果的な使用方法なども詳しく説明しています。

フッ素塗布
フッ素は強く丈夫な歯を作り、虫歯の原因を抑制し、虫歯になりかけた歯の表面をもとに戻す働きがあります。3ヶ月~6ヶ月に1度塗るだけで虫歯予防に大変効果があり、安全性も確認されています。フッ素による虫歯予防は、乳歯の生え始めから永久歯が生えそろう頃までが効果的と言われています。

審美歯科
主にハイブリット冠やメタルボンド冠、ホワイトニングなどで自然な美しさと快適性を追求した治療です。健康保険では治療できません。(かぶせ物は、根の治療まで健康保険で治療できます。)

保険ではできない白い歯(かぶせ物)

ハイブリット冠(セラミックス+樹脂)
セラミックスと硬質レジンの両方の良いところをもった白い歯で、保険の白い歯より硬くて変色しません。保険ではできない前歯の裏側や奥歯の金属を白くできます。

メタルボンド冠(セラミックス)
硬くてすり減らず、変色しない白い歯です。より天然歯に近い色と質感がでます。保険ではできない前歯の裏側や奥歯の金属を白くできます。

ホワイトニング
黄ばんだ歯や変色した歯を削らずに漂白して、白くする方法がホワイトニングと呼ばれる方法です。

訪問診療
当クリニックでは寝たきりや車椅子などで歯科医院に来院できなくて、歯の治療を我慢している方のご自宅や施設へ訪問し、義歯(入れ歯)の調整や修理、簡単な歯の治療、簡単な歯の抜歯、歯のクリーニング(PMTC)やスケーリング(歯石除去)などを行っています。
※治療費はすべて保険診療が適用されますので安心してご相談ください。(器械の都合でできない治療もあります。)